仮想建値の解釈

みなさまこんばんは。

くるくるワイドについて自分の解釈はあまり書かないつもりだったのですが、間違いに気づいたので書かせていただきます。
もし解釈が間違っていたら容赦なくツッコミをいただけると嬉しいです。

魚屋さんの「仮想建値」の表現

○○円でロングを建てたつもりになって管理します。

参考ページ
美味しいスワップの受け取り方 複利部分

※ここからは現在のポジション、ショート本体で書きます。

正直いまいち分かっていなかったのですが、「ヘッジを維持するための目安」と解釈していました。
今日のEUR/JPYの逆行で完全にトラップ外に移ってしまい、どうするか非常に悩んでいたところ・・・

見事に間違っていることに気づきました!!

魚屋さんの仰るとおり
○○円でロングを建てたつもりになって管理します。
が素晴らしい表現でした。

何が間違っていたかというと、トラップを上抜けした場合はトラップ幅を広げることで対処する、と思い込んでいたことです。
仮想建値で本体を建てたつもりになれば、仮想建値より上に本体の半分のトラップを持っても元本割れしないのです。
もちろん複利ショートがそれなりにないと出口到達時の決済損益はマイナスになる可能性もありますが、開始時の資金より減ることはありません。

私の解釈の「ヘッジを維持するための目安」もそりゃそうですよねって感じです。
仮想建値が現在の値やトラップの一番上を維持できている場合、開始時のようなものなので本体の半分のヘッジを維持できるのは当たり前です・・・

くるくるワイドの勉強を始めて1年強。
ようやく気づきました・・・

ブログを始め、運用を公開している以上どうにかしないと!と頭をフル回転させた甲斐がありましたね。
まだ1週間ですが、ブログを始めて良かったです。

最後に重ねてになりますが、解釈が間違っている場合は容赦なくツッコミをいただければと思います。m(_ _)m

スポンサーリンク

関連記事

コメント

もやさん、おはようございます^^

そうなんですよー
なので、仮想建値で理想はトラップの一番上まで仮想建値を持っていく事ですね。
そうすれば、そのレートから本体と同数トラップが貼られるところまで見ていられますから。

そのあたり書籍で理解し易い様に書いてあれば良いのですが。

仮想建値でトラップ先端に追いつけ!ですよ。
その為のヘッジ、固定ポジですね。

安心しました!

魚屋さんこんばんは。

コメントありがとうございます。
ようやく仮想建値というものが少し分かった気がします。
マイナス金利の影響で大幅にやられましたが、長期戦で復活してみせます!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もや

FXは7年目。 スワップ派→トラリピ→くるくるワイドと手法を変えてきました。

twitterアカウント → kurukurumemo
記事投稿をお知らせしています。

おすすめ口座

M2J マネースクウェアジャパン

トラリピといえばここです。トラップトレード部分にどうぞ。MT4が分からない方はここ1択ですよ!

OANDA

国内MT4口座で最狭スプレッドです。ベーシックでUSD/JPYのスプレッド0.4銭ですが両建てできないのが痛いところ。MT4でトラップ専用であればこちらをどうぞ。

FOREX.com

1口座で運用する場合、最もおすすめの国内MT4口座です。まさに優等生!スプレッドは標準ですが全体的に高水準です。

【番外編】デスクトップクラウド

MT4口座で運用される方はお忘れなく。私はこれで24時間取引しています。

記事検索

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: