本体を追加しようと思います

2016/02/06(土)のくるくるワイド実践記録

通貨 EUR/JPY
本体 127.084 26本ショート
トラップ 132.06~30銭幅 50銭利確25本
131.96~30銭幅 50銭利確3本
ヘッジ 132.063 1本
131.826 4本
複利ショート 132.7円目安 0本
135円目安 2本
138円目安 1本
ロング固定 0本
ピンポン なし
前回から +925
開始から +71,566

スポンサーリンク


みなさまこんばんは。今日もアクセスありがとうございます。

昨晩は帰りが遅かったので、1.5日分の実践記録です。

今日の利益は複利ショートの先消し分です。
50銭抜きのつもりが見間違えて40銭抜きで決済してしまいました・・・
131.4からでしたので、我慢していれば1円抜きでも決済できてましたね。

さて、今後の対策ですが、昨日から本体の追加を考えています。
仮に132円レベルで10本本体を追加した場合、仮想建値が130.2ほどまで上がります。
そうすると、ヘッジをほぼ維持したままトラップを10銭幅に戻せるようです。

リスクとしてはこのまま急上昇した場合にロスカットのリスクが上がることです。
これに関しては今の資金でも問題ありませんし、さらに上がるようであれば資金追加で対応は可能です。
追加資金を何かしらに使わなければ出口時の元本割れもないでしょう。
また、本体量から見たヘッジ量の比率は下がりますので、仮想建値を上げるスピードは下がってしまいます。

希望的観測ですが、トラップを10銭幅に戻し、近距離の複利ショート先消しを繰り返せばヘッジはある程度回復できるのかと。
今のレンジで1、2週間耐えてくれれば仮想建値を1円ぐらいは上げれるのではないでしょうか。
132.2円の上値がどれだけ重いかですね。
即上がるようであればトラップ幅を再度広げるしかないですね。

資金はある程度余裕を持たせていますので、本体を分割と考えれば問題ないですよね。
元々予定していた本体分割ではないので、なぜか少しためらう自分がいます(苦笑)
来週の動き次第ではありますが、ゆるやかに132円付近まで上げたら実行しようと思います。

逆に何も手を打たない場合・・・
トラップ幅を広げたまま近距離の複利ショートもせず、安全な目安で複利ショートを建てた場合、出口に到達すればそれなりの利益が見込めるでしょう。
ただし、出口は124円台です。過去の金額を見ると3年前ぐらいにさかのぼります。
利益が十分だと判断すれば仕切りなおしすることも可能ですが。
やろうとしていることが無謀なのか、リスク内なのか考えて何かしら対処していきたいですね。

本体追加ですが、急上昇直後に対応できていればもっと状況は改善していましたよね。
もちろんそのまま上昇し続けるリスクもあったので結果論ではあるのですが。
分かってて様子見するのと、気づいていないのでは個人的には大きな違いです。
まだまだ柔軟性が足りないですね!
勉強あるのみです!

ではでは。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もや

FXは7年目。 スワップ派→トラリピ→くるくるワイドと手法を変えてきました。

twitterアカウント → kurukurumemo
記事投稿をお知らせしています。

おすすめ口座

M2J マネースクウェアジャパン

トラリピといえばここです。トラップトレード部分にどうぞ。MT4が分からない方はここ1択ですよ!

OANDA

国内MT4口座で最狭スプレッドです。ベーシックでUSD/JPYのスプレッド0.4銭ですが両建てできないのが痛いところ。MT4でトラップ専用であればこちらをどうぞ。

FOREX.com

1口座で運用する場合、最もおすすめの国内MT4口座です。まさに優等生!スプレッドは標準ですが全体的に高水準です。

【番外編】デスクトップクラウド

MT4口座で運用される方はお忘れなく。私はこれで24時間取引しています。

記事検索

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: