実践記録|特に動きなし

2016/03/28(月)のくるくるワイド実践記録

通貨 EUR/JPY
本体 126.286 40本ロング
仮想建値124.767
トラップ 127.96~10銭幅 50銭利確
出口予定:128.01
ヘッジ 122.790 5本
125.902 3本
126.234 20本
複利ロング 120円目安 0本
111円目安 0本
指値中 9本
ショート固定 0本
裁量 なし
前回から -5
開始から +114,080

No3_くるくるワイド_10810_image002

今日は特に動きなしです。
1円ほど一方的に上げていますね。
また、ちょっと欲張ってショートヘッジを20本持ってしまいました。
トラップも貯まってきたことですし、多少上下してくれるといいのですが。


スポンサーリンク

実践記録|トラップ幅変更のシミュレーション(訂正)

2016/03/25(金)のくるくるワイド実践記録

通貨 EUR/JPY
本体 126.286 40本ロング
仮想建値124.767
トラップ 127.96~10銭幅 50銭利確
出口予定:128.01
ヘッジ 122.790 5本
125.902 3本
複利ロング 120円目安 0本
111円目安 0本
指値中 9本
ショート固定 0本
裁量 なし
前回から -16,953
開始から +114,085

No3_くるくるワイド_10810_image002

早速結論から。
トラップ幅を10銭に変更しました(笑)

昨日のトラップ幅変更シミュレーションですが、見事に計算を間違えていました。
15銭幅トラップから10銭に変更してそのまま使えない部分をカットした場合、半分をカットすることになるので30銭幅になりますよね。
この部分をなぜか20銭幅で計算していたため、見事にずれていました。
きちんと計算したところ、出口は128.01にできたため、先ほどトラップ幅変更を決行しました。

複利ロング9本を使って9本トラップをカットし、その決済位置に複利ロングの指値を入れています。
一部複利ロングが足りないトラップもあったのですが、プラスになっているものと合わせると誤差の範囲内と判断し余分なトラップは全てカットしています。

また、昨日は出口への到達ばかりを考えていましたが、下落を考えた場合10銭幅に変更した方がメリットが大きくなります。
まずはトラップ利益が増えること。 次にトラップを減らした分、ヘッジの復活が可能となること。

126.3円あたりでヘッジを復活させる場合、追加で20本での運用が可能になります。
一部を固定にしようと思っていますが、念のため土日に計算間違いをしていないかチェックしてから決めたいと思います。

また、指値に入れていた分の複利を開放すると12000円ほど使える金額ができたのでこちらで複利ロングを建てていきます。
これをやるとトラップのカットに複利を使ったことになってしまうのですが、MT4の指値の仕様上あまりに遠い指値は運用しづらいため一旦使える資金として開放することにしました。
というのも、MT4の指値って有効期限無制限ができないんですよね・・・
自動で1週間後が期限になってしまいます。
たまに有効期限を延ばさないといけないので非常に面倒です!
もうちょっと運用資金が増えたら別口座を使いたいと思います・・・

今回のトラップ幅変更で口座残高が17000ほど減ってしまいました。
また、ヘッジにいっぱいいっぱい使うと出口時予定が元々10万円程度だったところ、7万円弱まで減ってしまいます。
ですが、ヘッジの本数もかなり増やせますし、直で出口に到達しなければすぐに取り返せるのではないかと。
どのくらいレンジ内で動いてくれるか次第ですね。

トラップ幅変更のために考えたのはこんな感じです。
元本割れはほとんどないことと、有利になるパターンが多いので変更した方が良いと考えました。

①直で出口に到達した場合
 →利益が減る(複利を使っただけなので損にはなりません)
②レンジ内でうろうろした場合
 →トラップ幅が狭くなっているので元より利益は増える
③下落した場合
 →トラップ幅減少、ヘッジ復活により元より有利となる
  きちんと計算してはいないですが、また15銭幅に広げるぐらい下落しても何もしなかったより利益は増えるのではないかと。
④直近高値より出口は上にある
 →とりあえず3月中の高値はレンジ内に収められます

はやく今日のカット分を取り戻せるよう来週も頑張ります!


スポンサーリンク

実践記録|トラップ幅変更のシミュレーション

2016/03/24(木)のくるくるワイド実践記録

通貨 EUR/JPY
本体 126.286 40本ロング
仮想建値124.767
トラップ 129.26~15銭幅 50銭利確43本
出口予定:129.41
ヘッジ 122.790 5本
複利ロング 120円目安 8本
111円目安 1本
指値中 6本
ショート固定 0本
裁量 なし
前回から +4,417
開始から +131,038

No3_くるくるワイド_10810_image002

今日はトラップ3回転とヘッジ2回成功です。
複利ショート2本を先消しからのポジション調整も2回成功しています。
ポジション調整は40~50銭抜きを2回成功したのでいい感じに有効証拠金はよくなっていますね。
貯まっていた分も含めて複利ロングを2本追加です。

今日はトラップ幅を10銭にした場合をシミュレーションしてみました。
私の使用しているトラップトレードEAはあまり融通は利かないため、10銭で割り切れない部分は複利ロングを使用してカットする必要があります。
実際はカットしなくてもいい考え方もあると思いますが、エクセルでの管理上面倒になるので10銭幅でないトラップはカットする方向で考えます。

現在の125.6円以下の割り切れないトラップが9本あり、複利ロングが現在9本なので全て使ってしまいます。
そうすると仮想建値の124.76を起点として考えると出口が127円付近となります。
ちょっと出口が近いですね。

出口が近くなった分、出口時の予想損益が今の運用から考えてマイナス3万ほどとなる予定です。
このマイナス分を2/3となったトラップ幅での回転でカバーしないといけないのですが、ちょっと出口が近すぎますよね。
つい最近127円は到達していますので、あと1円ぐらい上に伸ばしたいところです。

今の複利目安が111円と120円で考えており、前回の最安値121.9をカバーできる121円付近とした場合、あと3本ぐらいは追加できますが・・・
最近は2週間ぐらい124円を割っていないのでその辺目安とした複利ロングを残すことも可能ですが、至近距離の目安は成功したことがないのであまり気乗りしないですね。

5本ぐらい複利ロングを追加できたらトラップ幅変更も現実的な気がします。
ただ、今のレンジ相場が続いているうちにトラップ幅変更をやりたいというのも正直なところ。
トラップの攻撃力を維持するというのはくるくるワイドの大事な点ですしね。
迷いどころですねー。

今回は欲張らず、あと5本程度は複利ロングを建てるまで我慢します。
そのぐらい複利が貯まっていれば出口を遠ざけるために何かしら手を打てると思います。



追記

上記シミュレーションは見事に計算を間違えていました・・・
翌日の記事でトラップ幅変更を実施していますので、そちらも見てみてください。
大変失礼致しました。




スポンサーリンク

プロフィール

もや

FXは7年目。 スワップ派→トラリピ→くるくるワイドと手法を変えてきました。

twitterアカウント → kurukurumemo
記事投稿をお知らせしています。

おすすめ口座

M2J マネースクウェアジャパン

トラリピといえばここです。トラップトレード部分にどうぞ。MT4が分からない方はここ1択ですよ!

OANDA

国内MT4口座で最狭スプレッドです。ベーシックでUSD/JPYのスプレッド0.4銭ですが両建てできないのが痛いところ。MT4でトラップ専用であればこちらをどうぞ。

FOREX.com

1口座で運用する場合、最もおすすめの国内MT4口座です。まさに優等生!スプレッドは標準ですが全体的に高水準です。

【番外編】デスクトップクラウド

MT4口座で運用される方はお忘れなく。私はこれで24時間取引しています。

記事検索

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: