くるくるワイド実践

実践記録|トラップ幅変更のシミュレーション

2016/03/24(木)のくるくるワイド実践記録

通貨 EUR/JPY
本体 126.286 40本ロング
仮想建値124.767
トラップ 129.26~15銭幅 50銭利確43本
出口予定:129.41
ヘッジ 122.790 5本
複利ロング 120円目安 8本
111円目安 1本
指値中 6本
ショート固定 0本
裁量 なし
前回から +4,417
開始から +131,038
No3_くるくるワイド_10810_image002

今日はトラップ3回転とヘッジ2回成功です。
複利ショート2本を先消しからのポジション調整も2回成功しています。
ポジション調整は40~50銭抜きを2回成功したのでいい感じに有効証拠金はよくなっていますね。
貯まっていた分も含めて複利ロングを2本追加です。

今日はトラップ幅を10銭にした場合をシミュレーションしてみました。
私の使用しているトラップトレードEAはあまり融通は利かないため、10銭で割り切れない部分は複利ロングを使用してカットする必要があります。
実際はカットしなくてもいい考え方もあると思いますが、エクセルでの管理上面倒になるので10銭幅でないトラップはカットする方向で考えます。

現在の125.6円以下の割り切れないトラップが9本あり、複利ロングが現在9本なので全て使ってしまいます。
そうすると仮想建値の124.76を起点として考えると出口が127円付近となります。
ちょっと出口が近いですね。

出口が近くなった分、出口時の予想損益が今の運用から考えてマイナス3万ほどとなる予定です。
このマイナス分を2/3となったトラップ幅での回転でカバーしないといけないのですが、ちょっと出口が近すぎますよね。
つい最近127円は到達していますので、あと1円ぐらい上に伸ばしたいところです。

今の複利目安が111円と120円で考えており、前回の最安値121.9をカバーできる121円付近とした場合、あと3本ぐらいは追加できますが・・・
最近は2週間ぐらい124円を割っていないのでその辺目安とした複利ロングを残すことも可能ですが、至近距離の目安は成功したことがないのであまり気乗りしないですね。

5本ぐらい複利ロングを追加できたらトラップ幅変更も現実的な気がします。
ただ、今のレンジ相場が続いているうちにトラップ幅変更をやりたいというのも正直なところ。
トラップの攻撃力を維持するというのはくるくるワイドの大事な点ですしね。
迷いどころですねー。

今回は欲張らず、あと5本程度は複利ロングを建てるまで我慢します。
そのぐらい複利が貯まっていれば出口を遠ざけるために何かしら手を打てると思います。


追記

上記シミュレーションは見事に計算を間違えていました・・・
翌日の記事でトラップ幅変更を実施していますので、そちらも見てみてください。
大変失礼致しました。


トラリピ手数料無料キャンペーン

現在、トラリピの手数料無料キャンペーン開催中です!
トラリピは手数料が少々高いのがデメリットですが、今ならデメリットなしで運用することができます。

しかも、太っ腹なことに今設定したトラリピは今後も手数料無料となるようです。
今すぐ口座開設と設定を済ませてしまいましょう!

トラリピ手数料無料キャンペーン