トラリピ

【11/1更新】1ヵ月で月利1.5%。リーマンショックにも耐えるトラリピ設定(カナダドル円)

こんにちは。moya(@kurukurumemo)です。

マネースクエア社が今一番力を入れているトラリピカナダドル円を運用し始めました。

初期資金50万円でスワップもきちんともらうため、ロングのみの運用とします。

トラリピカナダドル円(CAD/JPY)が半端ない。これがトラリピの本気か!?トラリピがCAD/JPYのスプレッドを期間限定で1銭にするというキャンペーンを始めました。さらにスワップも業界最高水準・・・。手数料無料キャンペーン期間中でもあるので今すぐ始めないと損です。...

リーマンショックに耐えられる設定で月利1.5%ペース。十分すぎる成果ではないでしょうか。

この記事では設定と考え方を公開しますので、参考にしてください。

トラリピCAD/JPYの設定

トラリピCAD/JPYの設定ですが、証拠金を除いて50万円ほど必要なプランで運用することにしました。リスクの高い方ですね。

想定レンジ 80.25円~89円
売買 買トラリピのみ
1本あたりの通貨 1,000通貨
トラップ本数 26本(0.35円幅)
利益金額 1,000円
トレール トレールあり
ストップロス 使用しない
必要な資金 598,260円

らくトラの設定画面

moyaのトラリピCAD/JPY設定

らくトラは初めて使ってみましたが、とても使いやすいです。トラリピ設定の使いやすさはよくなってる印象を受けますね。

トラリピのレンジ

80円~89円のトラリピCAD/JPYの設定レンジ

こちらはアプリのチャートの方が見やすかったので、アプリの画像です。

CAD/JPYの月足のチャートで、赤い部分が80.2円~89円のレンジなのですが、過去20ヵ月ほどはほとんどレンジ内となっています。

口座状況

まだ始まったばかりなのであまり情報がありませんが、スタート時のキャプチャとして撮ってみました。

利確幅について

鈴さんのマネースクエア社へのインタビューによると、CAD/JPYの最適な利確幅は0.99円と回答があったようです。(過去5年で計算)

長期的な設定であればもう少し広げたいところですが、今回はキャンペーン専用の設定なので利確幅は1円としました。

【11/1更新】運用状況

月間損益 累計
2018/07 +2,511円 +2,511円
2018/08 +5,508円 +8,019円
2018/09 +13,387円 +21,406円
2018/10 +8,708円 +30,114円

まとめ

カナダドル円のトラリピはリーマンショックに耐えられる程度のリスクでも、月利1.5%ほどの利益を出すことができることが分かりました。

まとまった資金があるなら、今すぐにでも始めることをおすすめします。

ただし、リスクの上げ過ぎには注意が必要です。

トラリピ設定は多くの人が公開していますが、リーマンショックに耐えられるのか必ず確認してください。

トラリピの安全な維持率ってどのくらい?本当のリスク管理方法をお教えします。トラリピ運用で維持率はどのくらいなら安全か知っていますか?この記事では、維持率がトラリピのリスク管理に何の意味のないことを説明します。また、トラリピでおこなうべき本当のリスク管理にを紹介します。...

リーマンショックからそろそろ10年が経とうとしています。当時からFXをやってる人からするとリーマンショックに耐える、というのは常識的なリスク管理ですが、体験した人は甘く見ているように思います。

トラリピのロスカットは一気に資金を失うもので、復活するためには長い時間が必要となります。

目先の利益に惑わされず、しっかりとリスク管理で運用しましょう。

ついにトラリピが手数料無料になりました。
トラリピ×決済トレール

高い手数料だけがネックだったトラリピが、ついに手数料無料になりました。
使いやすくてコストも安い、トラリピの登録はこちらからどうぞ。

新規口座開設(無料)はこちら

COMMENT

Your email address will not be published.