トラリピ

【3/18更新】8ヵ月運用して月利1.4% | リーマンショックにも耐えるトラリピ設定(カナダドル円)

トラリピのカナダドル円キャンペーンが終わっちゃったけど、カナダドル円ってまだオススメ?
moya
moya
キャンペーン中ほどではないですが、まだまだオススメです。
しっかり運用していますので、設定とその実績を見てみてください。

以前、トラリピのカナダドル円では高いスワップ狭いスプレッドのキャンペーンを実施していました。
キャンペーンは終わってしまいましたが、カナダドル円はおすすめな通貨の1つです。

トラリピカナダドル円(CAD/JPY)の運用実績

moya
moya
50万円で運用をスタートし、3月時点の8ヵ月で得た不労所得は+56,017円です。

8ヵ月での利益率を計算すると以下のようになります。

運用資金500,000円
累計損益+56,017円
運用期間8ヶ月
平均月利+7,000円(+1.4%)
年利(計算値)+16.8%
moya
moya
トラリピはしっかり設定すると年利15%を狙えます。20%を超えるようならリスクが高すぎかもしれません。
2018年12月に含み損めちゃくちゃ抱えてない?
moya
moya
私の設定では63.75円まで耐えられます。まだまだたっぷり余裕がありますね。

キャンペーンが終わってどうなったのか

キャンペーン中は超オススメ通貨だったのですが、今はけっこうオススメ通貨ってところでしょうか。

スプレッドはどうなったの?

キャンペーン中は1銭原則固定でしたが、今は2銭程度となっています。リピート系FXとしては可もなく不可もなくといえます。

スワップはどうなったの?

キャンペーン中は1万通貨で36円ほどでしたが、今は30円ほどに下がっています。これはリピート系FXとしては高い方ですね。他の通貨と比べてもかなり高いです。

トラリピのカナダドル円はスワップとしてはまだまだ優秀です。

トラリピCAD/JPYがオススメな理由

ロングのスワップは高水準

トラリピカナダドル円のスワップはキャンペーンが終わり下がったとはいえ、まだまだ高水準を保っています。

CAD/JPYが比較的安値で推移している

80円~89円のトラリピCAD/JPYの設定レンジ

現在のCAD/JPYは82円付近なのですが、2000年以降のレンジは69.18円~125.54円と最安値から13円のところにいますので、抵抗なく買トラリピで入れますね

moya
moya
「買トラリピに入りやすい+スワップが高い」この2つがあわさったからこそ、オススメなんです。

もちろんレンジの動きをしているのが大前提です。カナダドル円は一方的なトレンドのある通貨ではないのでトラリピに向いているのは間違いありません。

トラリピCAD/JPY運用計画

想定レンジは80円~89円

80円~89円のトラリピCAD/JPYの設定レンジ

CAD/JPYの月足のチャートで、赤い部分が80.2円~89円のレンジなのですが、過去20ヵ月ほどはほとんどレンジ内となっていることが分かります。

トラリピをしかけるレンジは80円~89円とします。

2016年以降は75円~91円で推移しており、今回は短期~中期的な設定として過去10年以上を想定するのではなく、最近のレンジにあわせます。

買トラリピのみ

比較的安値であり、スワップポイントが業界最高水準です。買トラリピのみという選択肢しかないですよね。

トラリピCAD/JPYの設定

トラリピCAD/JPYの設定ですが、証拠金を除いて50万円ほど必要なプランで運用することにしました。

今後ゆるやかに上がっていくと予想しているのもありますが、最悪10万円ほど入金すれば過去最安値まで耐えられるからです。

10万円利益が積みあがるまで耐えればOKですし、次のボーナスまで耐えれば間違いなく大丈夫です(笑)

想定レンジ80.25円~89円
売買買トラリピのみ
1本あたりの通貨1,000通貨
トラップ本数26本(0.35円幅)
利益金額1,000円
トレールトレールあり
ストップロス使用しない
必要な資金598,260円

今回の設定のポイント

  • 買トラリピのみでスワップも狙う
  • 狭いレンジで稼ぐ
  • 少し利益が積みあがればリーマンショックも耐えられる
  • レンジを上抜けたら撤退する

らくトラの設定画面

moyaのトラリピCAD/JPY設定

利確幅について

鈴さんのマネースクエア社へのインタビューによると、CAD/JPYの最適な利確幅は0.99円と回答があったようです。(過去5年で計算)

まとめ

カナダドル円のトラリピの魅力は伝わりましたでしょうか。

カナダドル円のトラリピはリーマンショックに耐えられる程度のリスクでも、月利1.2%ほどの利益を出せています。

私は運用実績を載せたいので、効果的だと考える投資しか紹介しません。運用実績は週毎や月毎にアップしていますので見てみてください。

>>>トラリピの実績記事一覧

まとまった資金があるなら、今すぐにでも始めることをおすすめします。ただし、リスクの上げ過ぎには注意が必要です。

トラリピ設定は多くの人が公開していますが、リーマンショックに耐えられるのか必ず確認してください。トラリピのリスク管理についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてください。

トラリピの安全な維持率ってどのくらい?本当のリスク管理方法をお教えします。トラリピ運用で維持率はどのくらいなら安全か知っていますか?この記事では、維持率がトラリピのリスク管理に何の意味のないことを説明します。また、トラリピでおこなうべき本当のリスク管理にを紹介します。...

気づけばリーマンショックから10年が経ちました。当時からFXをやってる人からするとリーマンショックに耐える、というのは常識的なリスク管理ですが、体験していない人は甘く見ているように思います。

トラリピのロスカットは一気に資金を失ってしまい、復活するためにはさらに長い時間が必要となります。

目先の利益に惑わされず、しっかりとリスク管理して運用しましょう。

トラリピの教科書がもらえるキャンペーン中

COMMENT

Your email address will not be published.