トラリピ実践

【12ヶ月で+6.7万】2019年6月のトラリピ不労所得は+2,606円でした。

2019年06月のトラリピ不労所得は+2,606円でした。

今月で運用を再開してちょうど丸一年が経ちました。

50万円の運用資金から考えると、十分すぎる不労所得といえるでしょうね。

2019年05月のトラリピ不労所得

トラリピCAD/JPYの合計損益

不労所得合計:+2,576円(スワップは+30円)

トラリピ不労所得の推移

moya
moya
トラリピを再開して丸一年。きっちりプラスで終了です。ちょっと一年分の分析をしてみようと思います。

グラフのオレンジ+黄色の棒グラフが毎月の利益を積み上げたもので、緑の線が月末で全決済した場合の金額(どれだけ含み損を抱えているか)を表しています。

含み損を大きく抱えることはあっても、30万円でも余裕で運用できるぐらいの許容範囲でした。
また、棒グラフは毎月しっかりと増えていっています。

年利が2、3%の投資だとこうはいきません。

年利が10%と考えると少々リスクが高いように見えるかもしれませんが、合計で10年近く運用してみて、とても魅力ある投資だと強く感じています。

トラリピ不労所得の利益率はどのくらい?

着実に利益を積み上げることができています。月利や年利を計算してみると以下のような感じです。

運用資金500,000円
累計損益+67,673円
運用期間12ヶ月
平均月利+5,639円(+1.13%)
年利+13.5%
moya
moya
残念ながら年利15%には届きませんでしたが、目標としていた年利10%は余裕でクリアです。

moyaのトラリピCAD/JPY設定

私は以下の設定でほったらかし運用をしています。最初に設定してあとはずっと放置です。

想定レンジ80.25円~89円
売買買トラリピのみ
1本あたりの通貨1,000通貨
トラップ本数26本(0.35円幅)
利益金額1,000円
トレールトレールあり
ストップロス使用しない
必要な資金598,260円
【3/18更新】8ヵ月運用して月利1.4% | リーマンショックにも耐えるトラリピ設定(カナダドル円) 以前、トラリピのカナダドル円では高いスワップと狭いスプレッドのキャンペーンを実施していました。 キャンペーンは終わって...
トラリピ×決済トレール

高い手数料だけがネックだったトラリピが、ついに手数料無料になりました。
使いやすくてコストも安い、トラリピの登録はこちらからどうぞ。

無料で口座開設する

COMMENT

Your email address will not be published.