トラリピ

50万円でできる豪ドル円(AUD/JPY)トラリピのおすすめ設定

こんにちは。moya(@kurukurumemo)です。

この記事では、トレードが超下手な管理人がたどり着いたトラリピの、50万円で豪ドル円で運用するオススメ設定について説明します。

トレードが超下手なことを自覚していますので、チャートがどう動くかは全く考えていません。過去のデータを参考に、今後10年安定して利益を得られるような設定を考えています。

ちなみにトラリピは9/29から手数料無料になり、メチャクチャおすすめになりました。昔からオススメでしたがネックだったコストが一気に安くなりましたね。衝撃的なニュースだったので3度見ぐらいしてしまいました。

私の設定のポイントは以下3点です。

  • リーマンショック級の大変動に耐えられるリスク管理
  • 50万円で運用できる
  • 過去10年間の約8割を網羅するレンジ設定

最低限のリスクを負って、できるだけリターンを増やすということを大事にしています。

トラリピの長期運用では負けないことがとても大事です。
勝ち続けさえすれば、複利の効果で時間とともにすさまじい資産となってくれるでしょう。

さらにこの記事では設定を公開するだけでなく、なぜこの設定をおすすめするのか理由もきちんと説明します

資金50万円の豪ドルトラリピおすすめ設定

まずは設定から!以下のショートトラリピとロングトラリピ両方を組み合わせたものがおすすめ設定です。

豪ドル円はロングがプラススワップ、ショートがマイナススワップなので、ロングの方がトラップ幅が狭い方がバランスよくなります。ロング厚めのハーフ&ハーフで考えていきます。
>>>マネースクエア社のスワップ一覧

ショートトラリピの設定

売買 ショート
仕掛けるレンジ 85円~100円
トラップ幅 0.55円
本数 28本
通貨数 1,000通貨
利益幅 1,000円
トレール あり

ロングトラリピの設定

売買 ロング
仕掛けるレンジ 70円~84.5円
トラップ幅 0.65円
本数 23本
通貨数 1,000通貨
利益幅 1,000円
トレール あり

トラリピ設定の考え方

トラリピ設定は以下の流れで考えていきます。
決めるのは3ステップで、4ステップ目は自動で決まるようになっています。

  1. 運用資金を決める
  2. トラップレンジを決める
  3. いくらまで耐えられるか決める
  4. トラップ本数とトラップ幅が決まる

運用資金は50万円としていますので、2のトラップレンジから考えていきましょう。

豪ドルのトラップレンジを考える

トラップというように、どこに罠をはるかがとても重要です。
漁で考えると魚がいないところに罠をはっても意味がありません。できるだけ魚の多いところを狙いたいところです。

ちなみに管理人はトレードが超下手です。今後チャートがどう動くかまったく予想できません。

なので、過去のデータから推測することにしています

2007年から2018年の豪ドル円の推移グラフ

上のグラフは豪ドル円の月単位の最高値と最安値のグラフです。

色付きのレンジが本設定のトラップレンジ(70円~100円)で、過去11年の80%強がこのレンジに含まれています。

すべての範囲をトラリピのレンジに入れるという手もあるのですが、その場合は55円~108円の範囲をトラリピレンジとする必要があります。資金が同じでレンジを広がようとすると本数を減らしたりトラップ幅を広げなければなりません。

70円~100円に絞ったとしても全体の80%を網羅できますので、55円~70円、100円~108円の部分は切り捨てて考えた方がコストパフォーマンスが良くなります。

レンジを超えたときに耐えられるラインを設定する

トラリピを仕掛けるレンジは70~100円に設定しましたが、このレンジを超えることは高確率で起こります。

その場合、レンジに戻ってくるまでじっと耐え続けなければいけません。

ちなみに、2007年から2018年の豪ドル円の最安値は55.05円、最高値は107.87円です。

どこまでも耐えられるというのは現実的ではありませんので、最安値・最高値を元にどこまでリスクを取るかを考えています。

おすすめ設定では安値が58.49円、高値が106.73円まで耐えられる計算です。最安値・最高値に耐えられない設定となっていますが、トラリピは運用期間が長ければ長いほど利益が積みあがっていきます。

スタートして半年ほど耐えきれれば、最安値・最高値に耐えられる資金量に成長することを見込んでいます。

1回あたりの利益幅の最適は?

マネースクエア社にインタビューで聞いた最適な利確幅とのこと。私も利益幅は1円~1.5円ほどがいいと考えています。

10年単位で言えば2円あたりが一番利益が多いのですが、ここ数年で考えれば1円~1.2円あたりが良さそうです。

もう少しい広げても良さそうですが、利益幅は1円(1,000通貨で1回1,000円の利益を取る)としました。

決済トレールは?

もちろんありにしてください。設定しない理由はありません。
>>>決済トレールの検証記事

おすすめ設定を資産してみた

決めたレンジと目安(耐えられるライン)を元に試算した結果です。設定を考えたらかならずロスカットラインを計算しましょう。

>>> らくトラ運用試算表(口座開設してログインが必要です)

ショートトラリピの設定

スタート時には106.73円まで耐えられます。そして数か月後には108円まで耐えられる資金量となる見込みの設定です。

ロングトラリピの設定

スタート時には58.49円まで耐えられます。そして数か月後には55円円まで耐えられる資金量となる見込みの設定です。

まとめ

資金50万円でできる、豪ドルトラリピのおすすめ設定を紹介しました。考え方についても解説してみましたがいかがだったでしょうか。

最後に、私はFXについて考えるとき、「儲けすぎるな」という言葉を忘れないようにしています。

トラリピというものは、欲張ると設定が破綻するようにできています。考えた設定を試算すれば数値として出てくるはずです。

以下のポイントを考えつつ、あなたのおすすめの設定を考えてみてください。わたしのおすすめ設定が参考になれば嬉しいです。

  • リーマンショック級の大変動に耐えられるリスク管理
  • 過去10年間の約8割を網羅するレンジ設定
  • 無理のない資金で運用できる

もし疑問や不安な点があればお気軽にコメントをください。できる限り返信させていただきます。

せっかく設定自由度の高いトラリピが手数料無料となってコストがかなり安くなったんです。資産運用でも時間はお金のようなものです。早めにスタートすれば後々大きな差になってきます。

もし気になったらぜひ初めてみましょう。

ついにトラリピが手数料無料になりました。
トラリピ×決済トレール

高い手数料だけがネックだったトラリピが、ついに手数料無料になりました。
使いやすくてコストも安い、トラリピの登録はこちらからどうぞ。

新規口座開設(無料)はこちら

COMMENT

Your email address will not be published.